最近の記事

2011年08月19日

「意匠審査基準」一部改訂のお知らせ

 意匠審査基準のうち、「部分意匠の図面提出要件の見直し」と「画面デザインの
登録要件の明確化」に関する意匠審査基準を改定しました。
 これらの改訂意匠審査基準は平成23年8月1日以降の意匠登録出願に適用されま
す。

【改訂のポイント】
○「部分意匠の図面提出要件の見直し」
 (意匠審査基準 第2部第1章、第7部第1章、第7部第4章)
 ・部分意匠の意匠登録出願について、意匠登録を受けようとする部分以外
  のみを表す図のうち、一部の図について提出の省略を可能とします。

○「画面デザインの登録要件の明確化」(意匠審査基準 第7部第4章)
 ・画面デザインのうち物品の機能や状態を表示する画像について、意匠審査
  基準中に登録要件を明記しました。
 ・これまで一つの画像を一つの意匠と認定していた考え方から、アニメーション
  的に変化する画像についても、形態変化を伴う一つの意匠と認定する考え方
  へ変更します。

改訂に関する詳しい内容については、特許庁ホームページでご確認下さい。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/kaitei_217174.htm
posted by Mark at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出願審査請求料改正のお知らせ


 「特許法等関係手数料令の一部を改正する政令」が7月8日に閣議決定され、
平成23年8月1日に施行されました。
 これにより出願審査請求料が引き下げられましたのでお知らせいたします。
 今回の改正により審査請求料が約20万円から約15万円(約25%)(平均
的な特許出願の場合)へ引き下げられることとなります。
 8月1日以降にされる審査請求手続に対しての審査請求料は以下のとおりとな
ります。

◎料金引き下げの対象となる出願審査請求料の新旧料金
【審査請求料】(昭和63年以降の出願、かつ平成16年4月1日以降に審査請求を行う出
願)
 ◆通常の特許出願
  旧料金 168,600円+請求項数×4,000円
  新料金  118,000円+請求項数×4,000円
 ◆特許庁が国際調査報告を作成した国際特許出願
  旧料金 101,200円+請求項数×2,400円
  新料金  71,000円+請求項数×2,400円
 ◆特許庁以外が国際調査報告を作成した国際特許出願
  旧料金 151,700円+請求項数×3,600円
  新料金  106,000円+請求項数×3,600円
 ◆特定登録調査機関が交付した調査報告書を提示した特許出願
  旧料金 134,900円+請求項数×3,200円
  新料金  94,000円+請求項数×3,200円

◎新料金の適用について
 ◆平成23年8月1日以降にされる審査請求手続に対して改正後の料金を適用します。
 ◆改正政令の施行日より前に納付すべき審査請求料は改正前の料金
  (以下、「旧料金」といいます。)を適用します。

 ※以下の審査請求料については平成23年8月1日以降の納付であっても旧料金を適用します。
  ?施行日前に審査請求手続がなされたものの、適正な手数料を納付しなかった
   ことによる手続補正を命じている期間内(特許法第17条第3項第3号)
   に施行日を迎えた場合の審査請求料
  ?施行日前に審査請求料の納付繰り延べを行った結果、施行日以降に納付
   することになった審査請求料

★このお知らせに記載する施行日や料金改正に関する詳しい内容などは、特許庁
 ホームページ等でご確認ください。
  URL: http://www.jpo.go.jp/indexj.htm

★電子出願ソフトをご利用の皆様へ
 出願審査請求料の改正に対応した平成23年8月1日料金改正パッチをリリース
 いたします。
 ダウンロード開始日:平成23年7月29日17:00〜
 ◆詳細は、INPITサイト「平成23年8月1日料金改正パッチリリース
  のお知らせ」をご参照下さい。
  URL: http://www.inpit.go.jp/pcinfo/release/pat20110801.html

★お問い合わせ先
 ◎出願審査請求料について
  特許庁総務部総務課調整班   03-3581-1101(内線2105)
  特許庁審査業務部方式審査課  03-3581-1101(内線2623)
  特許庁審査業務部国際出願課  03-3581-1101(内線2644)

 ◎電子出願ソフトについて
  電子出願ソフトサポートセンター 03-5744-8534(直通)
posted by Mark at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

関西電力管内における今夏の需要対策について(節電及び周知のお願い)

 政府の電力需給に関する検討会合において「西日本5社の今夏の需給対策」を
7月20日に公表いたしました。
 本対策では、関西電力管内で、今夏のピーク期間・時間帯(目安は、7月25日
から9月22日の平日の9時から20時)において、全体として▲10%以上を
目途に節電に取り組むこととなっております。
 つきましては、皆様方におかれましても本対策についてご理解と節電にご協力
いただきますようお願いいたします。なお、今後、予備率が3%未満になると予想
される場合に政府から「需給逼迫のお知らせ」が発表されることとなっております。
その際には、一層の節電にご協力をお願いいたします。
                          
〈ご参考〉
  「西日本5社の今夏の需給対策について」
    http://www.meti.go.jp/setsuden/pdf/east01.pdf
  「節電パンフレット(事業者向け)」
    http://www.meti.go.jp/setsuden/pdf/east02.pdf
  「節電パンフレット(家庭向け)」
    http://www.meti.go.jp/setsuden/pdf/east03.pdf

〈問い合わせ先〉 
近畿経済産業局 資源エネルギー環境部 電力事業課  
電話:06−6966?6046 
e-mail:kin-setsuden@meti.go.jp
posted by Mark at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。